読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ヒトラーの忘れもの」

ヒトラーの忘れもの」


監督:マーチン・ピータ・サンフリト

脚本:マーチン・ピータ・サンフリト

キャスト:ローラン・モラー、ルイス・ホフマン、ミケル・ポー・フォロスゴー


予告↓↓

https://youtu.be/Hd0oKfEQ2lU




2017年2本目の劇場鑑賞作品でございます。


まあこの映画を観ようと思ったきっかけは、filmarksでとても高評価だったのでね、行ってきました。例のごとくミーハーです。




あのね。。。。





重かった。。。

辛かった。。。




この邦題はミスったでしょう。なんか軽い感じのタイトルにしちゃったのは間違いじゃないの?まあ邦題は時々、なんでこれにしたんやってのがあるから置いとこう。笑



①ストーリー

序盤から緊張感のあるシーンが続いたな〜。少年兵が地雷処理をするんやけど、なんかね、自分も一緒になってやってるみたいに緊張した。手震えちゃう子とかいて、あかんて〜あかんて〜ってなるよね。なったよね。

手汗がぐっしょりになりました。最初の練習みたいなシーンで地雷処理をミスしてしまった子が死んじゃうんだけど、すごい呆気ない。あ、死んじゃったんだ。。。ってなる。でもたぶんそれがリアルなのかな。心が追いつかなかった。練習も終わっていよいよ撤去していくってなるんだけど、もうずーっとドキドキしてた。怖すぎるよ。ものすごい自分がやってる感あって、ほんと怖かった。中盤まではすごい良かったんだけど、途中からちょこちょこ気になるとこがあって、最終的にはあ〜、まあ普通より面白いくらいかなって感じに落ち着きました。その気になった点を書いていこか!


②気になったところ

まず一つ目ね。徐々に少年兵たちと軍曹が心通わせていくんだけど、この辺でんっ?ってなった。あまりにも急に優しくなったから。まあきっかけは色々あったけど、そんな急に優しくなるか?!ってちょっと引っかかってもうたね。でもまあいっかーって思って観てたら犬が死んで軍曹が急変。元に戻っちゃう。あー元に戻っちゃったかー、それにしてもこの軍曹、心の振れ幅すんごいなって思ってた。だけど、そのあと色々あってまた優しくなった!もうね、完全に、えっ?ってなりました。この軍曹おかしくない?と。これは狙ってるのかな。人の心はこんなもんだよっ言いたかったのかな。分かりません。そんなに映画の理解力高くありません。まあでもね、ぼくは映画を観た時に共感できなくて面白くなかったって言う人があまり好きじゃないんでね、これはそういうもんなんだって思って観ました。だってさ、共感できないとつまらないってもったいなくない?!共感できなくたって、面白かったり感動したりするよね?話を元に戻して、つまり軍曹の心の振れ幅が大きすぎてつい気になってしまった、ということです。これが狙ってるのであれば気になってしまったぼくはマダマダですね。


二つ目ね。少年兵たちは軍曹に虐げられます。それで食糧をもらえません。なんと2日も!しかも一日中あの緊張感のある仕事をこなしてるのに。これ冷静に考えると相当キツイ。はず。でも、でも、でも、少年たち元気じゃない?!これはおれの気のせいなのかな。でも、もうちょいしんどい感じ出しても良かったかなって思いました。気になった点は以上です。気になった点だけ書いたらまるでつまらなかったように見えるので良かったところも書きましょう。あ、上から目線になりました。監督ごめんなさい。


③良かったところ

とにかく、地雷が爆発するシーンがキツすぎた。まず最初の練習でミスるシーン。まずあれでビクっっ!ってなっちゃったよね。お恥ずかしいよ。気持ち的にはもう、地雷こんなにとんでもないものなんだってなりました。あと印象に残ってるのはやっぱあれでしょう?双子の兄が死んでしまうところ。あれはね、弟が探さなきゃって言ってる時泣きそうになりました。あれはキツかった。そしてそして、その双子の弟が自ら地雷がまだ埋まってるところを歩いていく、まあもう死にに行くところ。あれもキツイ。なんかボキャ貧になってるな。キツイばっかだ。。つまりですね、言葉にならないということです。いや、言葉にしたらなんか違う感じになってしまうということですね。最後、希望を語る少年兵たちが大爆発に巻き込まれて死んでしまうところ、あれはびっくりした。もうやり切れなくなった。


あとは、色々リアルだったよね。手が地雷でもってかれるところとか思わず目を背けたくなりました。グロいのダメなんです。でも、あのシーンは意味のあるグロなので、ここはちゃんと観なくちゃいけない、と思って観ました。あと吐くところ。おれけっこうもらいゲロとかしちゃうからちょっとやばかったよ。しかも前日飲み会で飲みすぎて吐いてるからね。思い出しちゃって。どうでもいいね。こういう戦争モノはリアルじゃないといけないから、こういうところは良かったと思います!


④ラストシーン

ぼくね、最後逃すじゃないですか、あの逃げるシーンね、少年兵たち射殺されるのかなって思いました。でも違ったよね。あれは希望があるエンドなのかな。うーん、どうなんだろう。あのシーンも実話なのか?まあ、あっ逃げれるんだ。。。って思いました。


こういう戦争モノは、あんまり深読みしないようにしてます。つまり反戦メッセージだ、とかはあまり思わないようにしてます。この映画は第二次大戦後、こういう地雷撤去をした少年兵たちがいたんだ、ってことだけ考えるようにしてます。


あと、書いてて思ったんだけど、もしかしてこの軽い感じの邦題のおかげでより重く感じれてるのかな笑 これ狙ってるのかな笑 深読みしすぎ??笑 これも分かりません。笑


とにかくですね、この映画を観たあと、ぼくは、辛さ、やり切れなさ、悲しさ、そしてちょっとだけの引っかかりを心に抱いて、劇場を出ましたよ。


評価3.9/5.0